矯正歯科ならここ

矯正歯科のアドバイス

小児の早期受診を勧める矯正歯科

矯正歯科では、いろいろなタイプの歯並び・かみ合わせの異常を治療しています。治療は小児期から成人と幅広い年代で可能ですが、小児期の治療では成人とは異なる特徴があります。それは、発育段階にある顎の骨の成長を利用した効率のよい矯正治療もできるということです。小児期の矯正治療は、顎の骨を広げる骨格矯正と歯の位置を動かす歯列矯正の2段階で行われ、それぞれ1期治療・2期治療と呼ばれています。矯正歯科では、歯の生えるスペース確保で抜歯回避の可能性も高い1期治療からの治療を勧めています。

矯正歯科は目立たず行える

見た目の悪さを気にして、矯正歯科に踏み切れない人は多いです。シルバーの器具が目立つと、しゃべったり笑ったりすることがいちいち気になってしまうというのが主な理由です。しかし、治療技術の発達により、現在では目立たない器具がたくさん使われています。色を目立たない色にしたり、器具そのものを表からは見えない裏側に装着することが可能です。症状に応じて使える器具は違うので、矯正歯科医院でよく相談することが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科で美しい口元に All rights reserved